2018年5月31日木曜日

初体験の話


ワタクシI原、先日、初体験をいたしました。
それはなんと、虫取り。
いやーーー、まさか××歳を目前にして初めての虫取りをすることになるなんてね!思いもしませんでしたね!!
もちろん自発的に「やってみよう!」と思ったわけではなく。
先日4歳になった息子の要望です。
もっと言うなら、某局の番組のメインキャラクター(?)・カマキリ先生の影響です。
皆さんご存知でしょうか、カマキリ先生。
とある有名俳優さんがカマキリに扮して熱い熱い昆虫愛を惜しみなく溢れさせている異色の番組なんですが、
そのカマキリ先生、必ず虫取りに出かけるのですね。
昨年あたりから虫に興味津々のうちの息子も楽しめるのでは…、とその番組を見せてみたところ、
まぁ言いますよね、「虫取りしてみたい」って。
しかし、親として息子の好奇心には応えたいけれども、私は虫が苦手です。
なので市外にいる甥っ子(小5)の名前を出して、
「今度お兄ちゃんと一緒にね〜」と、のらりくらりかわしていたのですが、
26日の運動会で参加賞?おみやげ?として虫取り網をもらってしまったのです…。
ただでさえ長い棒状のものは持たせたくないと思っているのに、
なんで虫取り網なんてくれるかなぁ???
とは思ったものの、大喜び&大興奮の息子から取り上げるわけにもいかず。
その当日は「かあちゃんが虫ね!」と息子に言われるがまま、
日中の綱引き(運動会の母親参加種目)による筋肉痛にも耐えて家の中を飛び回り、這い回り、
時に縁の金属部分をぶつけられて痛い思いをしながら虫取りごっこに興じていたわけですが。
翌日の日曜。
前日の風雨が嘘のようによく晴れた朝、
この日ばかりは自発的に7時に目を覚ました息子に起こされてベッドを降りて、
言われるまま彼の着替えを出してやり、自分も身支度をととのえたらば、いざ実践!!です。
前日の練習の成果を見せてやるのだと張り切って網を振り回す息子に手を引かれて
我が家から歩いてすぐの神社へ行ってまいりましたよ…。
結果だけ言いますと、息子がシジミチョウとモンシロチョウをつかまえ、
私がモンキチョウをつかまえました。
虫好きじゃないな〜つかまえるのイヤだな〜と思っていたのですが、
いざひらひらと目の前を飛び回るチョウチョを見るとそわそわするもので。
「そこ!目の前!左行ったよ!あーーー足元足元!!」と、大変ハッスルして声を張り上げ、
最終的には自分で網を振り回しながらチョウチョを追いかけることになったのですから
まぁやってみないとわからないものです。
虫取り、案外おもしろかったです。
何よりありがたかったのは、件のカマキリ先生がキャッチ&リリースしてたので
息子もそれにならい「つかまえたら離してあげないとね」と、
家に持ち帰ろうとはしなかったこと。
余裕を持たせて口を閉じた網の中でじっと生き物の様子を観察するだけで、とても楽しそうでした。
かあちゃんもいいとこ見せたくて、
モンキチョウを息子に直接持たせてやろうと網から取り出したものの
息子に上手に渡せなくて逃げてしまって大失敗でしたけれども、
「(鱗粉で)指が黄色くなった!!」と大興奮だったのでヨシとします。



















今回、この話をブログに書こうと決めたのは、人生折り返しの年齢になっても初めてのことがたくさんあるし、
やってみればおもしろいこと、夢中になってやれることもいろいろあるなぁ、と思ったからでした。
普段の生活はあまり変わりばえのない毎日ですが、
息子もいますし、きっとまた新しいことに挑戦する機会があるのでしょう。
「イヤだな〜面倒だな〜」を乗り越えて「なんだこれ楽しい!」と感じ、新しい扉を開いて
人生の後半戦を生きていこうと思います。
というわけで、何かおもしろそうなことあったら教えてくださーい!!


0 件のコメント:

コメントを投稿