2015年12月10日木曜日

旅たちの冬

ついに、あるひとりのオペレーターが夢に向かってマコセから
旅立つ日がやってきました。

そう、私たち新卒2年生の愛嬌担当N田です。

彼女とは実は大学生のころから一緒で、まるで恋人のように
苦楽をともにしてきたのです。

出会ってから今年で丸6年。毎年欠かさず誕生日には、
互いに手紙を贈ります。その内容は、出会えてよかったとか、
生まれてきてくれてありがとうとかとにかくもう、くさくて
恥ずかしい内容です。そんな誰にも見せることができない、
見せたくない(見せたらみなさんが抱いている私のクールな印象が崩れてしまう)
N田への手紙を、ある年私はなぜか間違えて実家に郵送してしまい
自爆したことがありました。爆



そんなダメージを喰らいながらも、毎年手紙を贈り続けているわけなのですが
みなさんは最近誰かに手紙を書きましたか?


私たちオペレーターはご遺族様の気持ちをくみ取り文章を
書いていますがあまり自分の気持ちを文章にして誰かに贈ることは
実はなかなかないのかもしれません。


手紙、とってもいいですよ

もうすぐメリーなクリスマスがやってまいりますが、
家族や恋人に手紙をプレゼントするのはどうでしょう

きっとハッピーでメリーなクリスマスになることでしょう




N田が遠い異国の地に行ったとしても、毎年手紙を贈り続けようと思います!Y尾


入社したての私達w














0 件のコメント:

コメントを投稿