2015年10月12日月曜日

親指とかぼちゃ


師匠のほっこりするBlogの後に見合う話題はないものかと
頭をひねったのですが、他の人に比べてプライベートの予定が
少ない私はお手上げ状態です><

ということで もう世間はすっかりハロウィンですね!(←唐突)
ここでかぼちゃに関する話でも♡
一般的なかぼちゃは7〜8月が旬で 冬の間はニュージーランドから
輸入され、そのお蔭で年中かぼちゃを食べられているのだそう♡

私、先日そんな南瓜にしてやられました><
最近 全くといって良いほど炊事しておらず、とある休日あまりに
暇だったので南瓜の煮付けを作ることにしたのですが・・・
おさえる力加減を間違えたようで、南瓜を切った反動で
左手の親指の爪が もげてしまうという事態に。
痛さよりも先に 爪の下の皮膚を初めて見たという嬉しさの方が
勝ってしまうという 自分の変な感性にも驚きました←


思えば 高校生の時 パンプキンスープを作ろうとした際
りんごを剥くようにして南瓜をもってしまい、そのまま
左手の親指の皮膚をむいたこともありましたっけ。

自分の失態が原因で 跡が残ってしまった傷は数知れず。
しかし、未だに友人から「あの時の傷?ウケるんだけど!」と
思い出話にひと笑い咲かせるという良い影響もございます♡笑
何の中身もない話で申し訳ありませんが、
言いたいのはつまり・・・
皆様も親指とかぼちゃの取り扱いには十分ご注意下さいませ♡
OPH

0 件のコメント:

コメントを投稿