2019年3月18日月曜日

ケサランパサラン



突然ですが、皆さんは『ケサランパサラン』をご存知だろうか?


私が知ったのはつい数日前。夜ご飯を食べながら
「今日、庭掃除してたらケサランパサランがあってねぇ~」
と普通に話し続ける母を
「ちょ、ちょっと待って。何?その楽しげな響きの言葉??」
と引き止める。
「え、知らないの?」と知ってるのが さも当たり前かのような母。
いやいや、知りませんから。何ですの、それ???

母曰く、タンポポの綿毛を大きくしたようなもので
フワフワ〜と飛んでくるとか。
が、そんなザックリ説明じゃ、ちっとも分からん!
ということで手近にあった電子辞書で調べてみた。


(以下、現代カタカナ語辞典より)
空中を浮遊、地上に落下してくる
謎のふわふわした毛玉のような物体。
江戸時代からの民間伝承で一種の生物との説もあり、
タンスの奥にしまって餌におしろいを与えると
幸せを呼ぶとも伝えられている。
タンポポ類の植物の種子と見る専門家が多い。
色は白がほとんどだが灰色の毛玉のようなものもある。


調べて、ますます「何じゃ、そりゃ???」の私。
タンスの奥にしまって餌におしろい、って。。。

小学生の頃、国語の教科書に載ってた宮沢賢治の短編。
その中に出てきたクラムボンという言葉の意味を
必死に調べたときのことを思い出した。
そして、教科書の後ろに
【クラムボン:作者が作った言葉。意味はよく分からない】
とあるのを見つけた時に感じた「何じゃ、そりゃ?!」
あれに近い感覚。

なんとなくモヤモヤ感は残りつつも、
『世の中にはまだまだ知らないことがいっぱいなのね』
『摩訶不思議なものの存在も楽しめということなのね』
無理やり自分を納得させ、拾ったという その実物を
写メろうと思ったら そこで母から決定的な一言。
「これが本当にケサランパサランなのかは分からないんだけどね」

何度目かの「何じゃ、そりゃー!!」を叫びそうになった私でした。



OP Y野

2019年3月14日木曜日

嗚呼奥深き万年筆の世界


突然ですが皆さん文房具はお好きですか?
私は大好きです。
文具屋さんに行くといつまででも見ていられます。
色違いで買ってしまったり、便箋やハガキなどの紙物に
いたっては、使う用と保管用と買ってしまうくらいです。
あほです。

さて今回のタイトルにもなっております万年筆。
はじめて目にしたのは確か小学生の頃に通っていた書道・硬筆教室
でした。先生が添削の時に赤インクの万年筆を使っていて、幼心にも
このペンすごく格好いいな~と思ったのが最初だった気がします。
実際手にするのはそれから○○年後… 
ずいぶん大人になってからのことでしたw
1,000円以下で購入できる安価なものから入っていったのですが
やはりつい上を見てしまうのが人間ですね。
試し書きなんてさせてもらうともうダメです。
手に馴染む重さのものがほしい…
ペン先の堅さ・柔らかさ・紙の上を走らせたときの感覚の違い…
ほしい… あれもほしい… もっともっとほしい…

インクもスタンダードな黒から始まったはずなのに
気づけばカラーインクにも手を伸ばし
同じく文具好きな先輩2人とともに「沼会」なるものを結成し
先日発売された某限定インクも何色を買うか悩んだ結果
7色セットを購入していました。あほです。

そして今回このブログを書くにあたり、手元にあった
(会社においてあった)万年筆を並べてみたら自分の好みが
再確認できてニヤニヤしております。


左から順に
ツバメノート×セーラー万年筆 ダブルネーム
セーラープロフェッショナルギア インペリアルブラック
セーラープロフィット21
かつて若かりし日に父が母に買ってもらって何十年と使っていた
ものを譲ってもらった、やっぱりセーラー。
・・・あほです。どんだけセーラーが好きなんでしょう。














こちらの写真は台湾の文具メーカーが出している TWSBI(ツイスビー)
という万年筆です。軸が透明でインクの色が綺麗に見えるうえに
書き味も抜群です!お値段もお手頃なのでぜひ気になった方は検索を←

いまだかつて文具マニアだった方のご家族と出会ったことはないのですが
いつの日にか出会えたら良いなぁと思いながら、今日もペンを握ります。
皆さんもオススメの万年筆やインクがあったら教えてくださーい。


夢はでっかくモンブラン
グリーフ番長N尾

休職中のG山です!

皆様、大変ご迷惑をおかけしております。
その中でワタシが今思うことを
少しではありますがお伝え出来ればと思います。

常日頃から「死」というものに向き合う私達は
〝当たり前〟はないのだと痛感させられます。

あの時もっとああしていたら、
あんな事言うんじゃなかった、
きっとどんな人であっても
色んな思いが込み上げるでしょう。
また色んな状況の中で
たくさんの事を選択しなければいけません。

ですが、全力で物事に取り組む時
それがベストな選択になっているんだと思うんです!

後悔も、迷いも、
全てこれからの人生に必要なものだからこそ
与えられるものだと思います。

ぶつかった事も、
優しい気持ちで寄り添えた事も、
全ては必然です。

今、ワタシはこれまで全力で取り組む仕事をお休みし
家族の為に全力で取り組む時間を有り難くも頂戴いたしました。

思う事はたくさんありますが、
全力で立ち向かえばこそ見えるものがあると信じて
また今日も南国より離れた場所から頑張ります!

戻りましたなら
3月皆様に助けて頂いた分まで
また仕事で全力で頑張りたいと思います^^

どうぞ宜しくお願いします☆

2019年3月10日日曜日

ある日の休日

ある日の休日、親子で大隅半島へと車を走らせました。
12時10分 鴨池港発のフェリーに乗船。
名物のうどん一杯を、長女と半分こして食べました!
しばらくクルージング気分を味わい垂水港着。
最初のお目当ては、まだオープンして日の浅い
『道の駅たるみず はまびら』
昼食は ここで海鮮!と決めていたので、
うどんも半分にしました。
錦江湾が一望できるレストランは開放感にあふれ、
とてもいい雰囲気です。
お料理も、とても美味しくておすすめ。Cafeもありますよ。


















おなかいっぱいになりましたが、次の目的地も食べ物…。
鹿屋市にある『チョコレートハウス Cocoro』
本店は福岡です。ここで いろいろお土産を物色。
クレープも購入しましたが思わぬ誤算が…。
私も娘もチョコレートは大好きなのですが
生クリームがあまり得意ではない。けれどもクレープは
当たり前のことながら生クリームたっぷり!
生地はもっちりとしていてチョコも濃厚で美味しいのですが、
私も娘も多少気持ちがわるくなりました(笑)
でも、お店はとても可愛らしい作りで、
チョコレートは美味しいです!























そのほか多少の用事をすませ、今回の本来の目的 家族合同
誕生会に向けてGo!
まわりに3月生まれが多く、父も弟も姪っ子のひとりも
今月が誕生日です。
そこで毎年 個別にやるのとは別に、一緒に祝います。
誕生日プレゼントに悩みます。先月引っ越しをして、
来月には我が子ふたりが
誕生日。5月には母の日、6月には父の日と末っ子の誕生日…と、
出費かさみまくりです。
懐は寂しくなりますが、お祝いしたい大事な人が
元気でいてくれるのはとても幸せなことだと思います。
先日の取材で、お母様を亡くされた方が
「一緒にいるのが当たり前だと思っていた」と、
おっしゃっていました。
ひとつ屋根の下に暮らしていなくても、同じ空の下で家族が
笑っていることを疑いもしないのが日常です。
そんな穏やかな毎日は、決して当たり前のことではありません。
急な病に倒れることもあれば、思わぬ災害にあうこともあります。
3月11日で東日本大震災から8年、依然 行方不明の方が
2,533人もいらっしゃいます。その ご家族の悲しみは月日が流れようと
癒えてはいないのでしょう。
時には立ち止まり、つつがなく暮らせる幸せや
家族のぬくもりを感じることができる喜びをかみしめます。
そうすることで、ご遺族の心に少しでも寄り添えたらなと思うのです。

OP H瀬

2019年3月7日木曜日

鹿児島に住んでいるからには…


去る3月3日 『鹿児島マラソン2019』が開催されました!

鹿児島マラソンとは?
(Wikipediaより抜粋)
鹿児島マラソンは、鹿児島県鹿児島市及び姶良市で2016年から
開催されている市民参加型の長距離走大会である。
フルマラソンの定員は10,000人。
主催者は鹿児島マラソン実行委員会及び
一般財団法人鹿児島陸上競技協会である。

コースは二種類用意されています。
1 フルマラソン(制限時間は7時間)
錦江湾岸を市街から北上し折り返してくるコースであり高低差は小さい。
全体を7つのテーマゾーンにわけている。

2 ファンラン(大体9キロくらい 制限時間は1時間半)

沿道の応援にも力がはいっていて、14万人ほどが声援を送ったそうです。

天気予報では雨マークがついていた開催日。
しかし当日は、曇り時々日が差し、雨が降り出したのは
ランナーがほぼ走り終わっている頃だったとか。
奇跡ですね。
折角 鹿児島まで来てくださった方のためにも、走りやすい環境だったのは
良かったと思っています。

この鹿児島マラソン、今年で4回目の開催になるのですが
私は1度も参加したことがありません…。
いつかは出てみたい!
それが私のちょっとした目標です。
フルではありません。ファンランのほうです。
距離の短いほうならいけるんじゃないかと思うのですが、
いかんせん趣味はゲームとインドアな私。
体力?ありませんとも。

しかし少しずつ運動して、いつかは叶えたいです!
まずはストレッチからかな~
OP:Y田

2019年3月4日月曜日

「美味しいパンを求めて」

映画化やドラマ化された『砂時計』の作者芦原妃名子さんの
最新作BreadButter』にどはまりしてます。
タイトルから伝わってくるように、
この漫画はパン屋の話です。
読むたびに美味しいパンを食べたい衝動にかられ、
お腹がすくのです。
数年前にパン作りに目覚めたものの、あまりの工程の多さに数回で断念)

そうだ、美味しいパン屋を探しに行こうと思い立ち、
そんな時に偶然テレビで紹介されたのが、
武岡にある『TAK BAGERI CAFE』さん。



姉を誘ってすぐにお店に足を運び、いざ実食。
しかもこちら、買ったパンをイートインできますし、
150円でコーヒーと紅茶が飲み放題!
何時間と入り浸ってしまいましたw

姉と2人で行ったことが母にばれるとともに
私も行きたかったといわれ、なんと2週連続で来店(笑)

良いパン屋を見つけられたと大満足でした…!



その後も近所をはじめ、休みのたびにあちこち
探しまわっています。
休みの日は引きこもりがちだった私ですが、

美味しいパンを求めて、少しずつ家から出られそうです。笑






OP. O

2019年2月28日木曜日

家紋にまつわるエトセトラ

仕事上 覚えることが多いこの会社において、
家紋は「全てを覚える必要はないが、使用頻度の高いものは
知っておいて損はない」という位置づけだと思っております。

このお仕事をさせて頂いて長いのですが、気がかりが一つ。
それは「我が家の家紋を知らない」というご遺族が年々増えて
おられることです。
ご依頼を頂いた際、取材の電話時に家紋を確認してくださいと
指示を受けて ご遺族にお尋ねしても
「よその出身で、調べるすべがない」
「紋付きの袴や墓石で形は分かるけれど、名前が分からない」
などの理由により、暗礁に乗り上げるケースが多数。
花が咲いていると言われても、梅、桜、橘、菊、桔梗など
鳥が飛んでいると言われても、鳩、雀、鶴、千鳥、鴫(しぎ)など
沢山あるんです。形の分かるものを見ない限り、特定ができません。
家紋を入れないという結論に達した場合はそこで話が終わるのですが、
家紋はあるけれど名称が分からない場合、葬儀ご担当様に報告の上で
ご足労いただくこととなります。

携帯で写真を撮り、上下の向きを指定して

メールにて送っていただけると泣いて喜びます。

(こんなところでお願いをしてみる)

閑話休題。
身内のお墓参りにいくと、近隣の墓石に彫られた家紋が気になります。
(それは、まごうことなき職業病)
大半のものは察しがつくのですが、レアなものを発見するとさあ大変。
スマホで名称を調べずにはいられなくなります。
文明の利器・インターネットで調べがつくので、有難いですね。







I原さんからもらったマスキングテープ、もったいなくて使えず、
大事にしています♡

By. 家紋の鬼