2020年4月6日月曜日

明日は何の日?





皆さん、突然ですが、明日は何の日かご存知でしょうか?
実は、4月7日14時より、2020年の本屋大賞が発表されるのです!
3度の飯の次の次くらいに読書が好きな私は、毎年この日をとても楽しみにしています。

生業として「本」に触れる書店員さんたちが「これこそ売りたい!」と推薦、ノミネートされる作品は直木賞や芥川賞といった権威ある賞とは一味もふた味も違う傾向にあります。

今回はノミネート作品10作のうち、3作を事前に読むことができましたので、少しご紹介します。


①「店長がバカすぎて/早見和真」(角川春樹事務所)
一口にいうと、仕事のできない店長にあれこれ振り回される書店員のお話。
これがノミネートされるということは、作品の中に描かれているあれこれは、ある程度実世界の書店でも繰り広げられているエピソードなのだろう、とニヤニヤしてしまいます。
まさしく、本屋大賞ならではの推薦作品。


②「medium霊媒探偵城塚翡翠/相沢沙呼」(講談社)
霊媒者が探偵として小説家とタッグを組み、事件を解決するお話でした。
ミステリーの要素がこれでもかと詰め込まれ、最後の最後まで一行たりとも目を離せません。
読み終わった後の爽快感はたまらなかったです。


③「線は、僕を描く/砥上裕將」(講談社)
心に大きな傷を負った大学生が、水墨画を通して、少しずつ恢復していく物語。
読んでいると行間から墨の香りが漂ってくるようでした。
素晴らしい青春小説であり、また水墨画の魅力を伝える芸術小説でもあったと思います。
人との出会い、未知なるものとの出合い、何もかもが愛おしく感じられます。


というわけで、個人的には③が大賞に選ばれてほしいなあと思っています。
が、私がまだ読めていない他の7作にもっと素敵な一冊があるのかも…
まずは明日の発表を待って、次に読む作品を選びます!


自由な外出のままならないこのご時世、物語の世界に没頭することで、気持ちだけでもたくさんの冒険をしたいものです。




サポートN

2020年4月2日木曜日

岡本太郎から学ぶ。


ある人から「この本を読んでみて」。と勧められて

購入したのは 岡本太郎著 「自分の中に毒を持て」。

最初のページには

「人生にいどみ、ほんとうに生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれかわって運命をひらくのだ」 とか、 

「今までの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい」とか、

彼の信念と現代人への言葉が綴られています。

歳をとっていくにつれ経験値だったり、世間体だったり、

周りを気にして行動に踏み切れないことが多々。

何かを変えたいと思ったら、まずは闘う相手は 変化をためらう自分自身なのだと

これからの自分の生き方について考える一冊でした。



サポートK 

2020年3月30日月曜日

「病気・ウイルスに負けない体つくり」


ここ最近はぐずついた空模様の鹿児島ですが
天気が良い日には陽射しも暖かく、
新しい季節を肌で感じるようになりました。


(会社近くはほんの、ほんの少しだけ桜が!)


暑いのも寒いのも得意ではない私、
春は結構好きです。(秋はもっと好きです。)
冬に入ってから姿が見えなかった茶トラ先輩も
暖かい日にはいらっしゃるようになりました。


(いつも可愛い。)


3月も残りわずか。
1年が経つのは本当にあっという間ですね
新年度、社会人3年目は自分の成長はもちろん、
健康づくりにも力を入れていこうと思います。
というのも、六星占術における今年の運命の中に
"健弱"(健康面で問題が発生しやすい時期)とありまして……
少々、いやかなり気になるこの言葉。

どこも自粛モードにつき元々の出不精に拍車がかかっているこの頃。
移動手段もほとんどバス。
体温も昔から常に35前半をキープ。汗
デスクワークによりあちこち体も固まり。

社会人になってから風邪をひかなくなったとはいえ、過信はよくありません。
運動不足にならないよう、昨年から意識的に動くようにしておりましたが、
今年は本格的に体力つくりをしようかと思っております!

目指せ、「病気・ウイルスに負けない体」です!!(決意表明)
例えば!!
帰りのバス停を、1つ前で降りるようにするとか!
(でも早くお家に帰りたい)
早寝早起きをするとか!
(休日はいつまでも寝ていたい、前日の夜はずっと起きて色々やりたい)
ご飯をしっかり食べて体温を上げるとか!
(少食なので好きな物だけ食べたい)

…………まずは己の欲望との闘いのような気もしますが、
とにかく日頃のちょっとしたことから改善して"健弱"を乗り切ろうと思います!

億劫になる、びくびくしながらの日々の外出……
自粛モードがいつまで続くのか分かりませんが、
自分の体は自分で守ってまいりましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!
では帰ります!本日もお疲れ様でした!!


苺と猫が大好き サポート T

2020年3月26日木曜日

〜普通がいいのかな〜




最近寒かったり、暑かったり皆様 体調はいかがでしょうか?

わたしはというと、風邪をひいても熱がでても1日で治らなくなり免疫力低下を感じている今日この頃です。
まだまだ気持ちは、若いつももりですが...。 

  そんな時 元気にしてくれるのは、愛犬のららちゃんです!
ららちゃんは、我が家のアイドル。自分でもわかっているようですw
そんなところも愛らしい♡

おはよう ららちゃんと言うと 
キラキラした瞳でおはようと言い返してくれます。
なんと言っても1番は、やっぱり会話ができるところです!
本当です!!
目をパチパチしたり、舌をペロッとしたりして 返事をしてくれます。
こんなにも言葉が 言ってることがわかるなんてと、感動していましたが
今ではすっかり 心もからだも癒されています。

トントンと後ろからあたってるなと思ったら こたつをあけてほしいとか、
ヒーターがつくと 真っ正面に陣取りますw 
その光景だけでも ほっこりしてしまいます。

そして最大の好物は、りんごです。
見えていなくても半分に切った音で走ってきます〜。
かわいいですよね♡ 
人間と動物ではありますが
家族の一員として いなくてはならないかけがえのない存在です。 
犬も空気をよんでくれます、大切に丁寧に暮らしていきたいと思います。


2020年3月23日月曜日

読書感想

今回はアカデミックに最近読んだ
遠藤周作の「イエスに邂った女たち」
について書こうと思います

そもそも宗教に関心がうすい私は
聖書は神様であるイエスやマリアについて
書かれたものだろうとぼんやり思っていた程度
誕生日が12月25日なので、イエス様に少し
親近感をもっていたと言えばあちこちから
お叱りを受けそうです

この本ではイエスの周りにいた女性達
時に男性よりも勇気があってイエスに沿った
女性たちの姿が描かれています
聖母マリアやマグダラのマリア
マリアという名の女性は複数いて
それぞれの業を背負っていきています
その女性達のイエスとの関わり方が面白いです

自分におきかえて考えてみたり…
読みやすく美しい言葉のはこびも
文字を扱う仕事をしている身には
勉強にもなりそう

最近のベストセラーもよいですが
たまには文豪の名著もいかがでしょう

以上、サポートK でした!

2020年3月19日木曜日

時間の流れ💭

着慣れないスーツを着てド緊張しながら

入社した日(4月1日)からもう少しで

1年が経ちます、、(^_^;

この1年色々なことがありましたが

力不足な部分が多いのでもっと

成長できる1年にしたいです🤔

話は変わりますが令和元年5月1日に

家族が増えました(^o^)!!!!

名前は いわちゃん です!

まだきて間もない頃の😽↓


わーすっごいかわい〜〜〜!!!!!!

先代からいるみーみと並んでもこのサイズ↓


猫というより犬みたいな性格で

寝てたら横にきたり人懐っこくて

毎日の癒やしです(^^)

こんなに小さかった いわちゃん ですが

いまでは、、、、、



こんなに貫禄がでました!!!!笑

可愛くてついつい栄養与えすぎちゃいました!!

でもいいんです、、かわいいので、、

最後にぶさかわな寝顔を載せて

今回のブログに幕を閉じます😂

マコセには猫好きな方が多い気がするので

私の家族の いわちゃん で

良ければ存分に癒やされてください(笑)





サポート I  🐒

2020年3月16日月曜日

節目


厄年=災厄が起こりやすい時期

人々は災厄を恐れ神仏に頼ることで厄を避けて
きました。その歴史は古く、平安時代頃から信じ
伝えられてきたそうです。

現在は信仰に対する意識も薄れてきておりますが
それでも今尚残る風習に重さを感じます。

なぜ、このような堅い話なのかと言うと…
認めたくはありませんが私自身今年が本厄だから
です。

通常 立春(2月4日頃)までに済ませるべき厄払い。
すでに節分も当に過ぎてしまいましたが
”せめて誕生日までには!”
と決意し、鹿児島神宮に行ってまいりました。






桜はまだ咲いておらず少し残念でしたが、普段立ち入る
ことのない神殿で神主様を待つ間 部屋を通り抜ける
心地よい風に心洗われるよう。
いざ儀式が始まると、一転してピリッと身が引き締まる
緊張感に包まれました。

”厄祓い・厄落とし”は、字のごとくではなく神様へ安泰に
過ごすための祈願祈祷をすることであり、いわば慎み深く
清らかに生きるための決意表明でもあるのでしょう。


調べてみると、宗教・土地・年齢・性別等 多少の違いは
あれど、海外にも厄祓いのような概念がありました。

節目の行事ひとつをとってみても、知らなかったことばかり。
学ぶほどに奥の深さを痛感しきりです。


儀礼を行うことにより安心して過ごすも良し、神仏に
頼らず揺るがぬ信念で”邪”を跳ね除ける強さを持って
生きるも良し。

何より大事なのは、自分の気持ち次第であると感じたので
幸せを待つのではなく掴みに行きます!
この1年、健やかに過ごせますように☆ミ


そういえば最近、天文館に小さな春を見つけました。
気付いていないだけで季節は確実に訪れているのですね。

サポート Y