2019年9月16日月曜日

大自然に力をもらっています

 
新人のK里です。
はじめてのブログに緊張しています。

突然ですが実は私、霧島の山奥から毎日通っております。







自然豊かな土地だからでしょうか、色々な生き物をみかけます。
見かける度に絶叫してしまう手のひらサイズの蜘蛛やムカデ、
我が家の庭を堀るイノシシ、電線を渡っていく猿、睡眠を妨害する蛙の大合唱、
深夜 森の奥から響く謎の生物の声・・・。

その中で、この間 何だか可愛い動物と遭遇しました。


調べてみたら「アナグマ」でした。

2X年間、変動することのなかった

【今までに遭遇した可愛い野生動物ランキング】
1位 野ウサギ 2位 たぬき 3位 いたち

の順位をひっくり返すキュートなフォルムにメロメロです💓
今度会う時には もっと綺麗に写真を撮りたいです。

一番近くのコンビニへ行くにも車で10分ほどかかるような田舎ですが
やっぱり自然っていいなぁと改めて感じました。


6月に入社し、焦ったり悩んだり落ち込んだりと日々 自分との闘いですが、
美しい緑に力を貰いつつ、「昨日より成長」を目標に頑張ります!


2019年9月12日木曜日

新人、がんばります

こんにちは!今年の5月に入社したH口です。
風は少しだけ涼しくなってまいりましたが、まだまだジットリと暑い日が続いていますね…!

はやくキンモクセイの香りただよう季節にならないかな!と過ごしております。


実は入社前にも読んでいたこのブログ…緊張しますが新人が思うことを
綴っていきます☆彡

お礼状の文章を担当させていただいてから約4か月が経ちました。
小中学生時代には作文、学生時代には論文が好きだったこともあり
日々勉強勉強、苦悩、感動、感謝のなか働けることは本当に幸せだな〜と思っています。

また同時に、日本語って素敵〜♪と再確認することも増え
久しぶりに和歌集を開いて楽しんでみたり、芸能人が俳句をよむ番組(プ●バト)を
真剣に観ては「へえ〜」と感心したり…

前職とはまた違った悩みや、越えたくても越えられない壁はありますが
毎日発見がありますので力不足ながら、やりがいを感じられている今日このごろです。

全力を尽くしたいと思う一方、不安もありますが
まだまだ始まったばかりですので

たくさんの経験をさせていただきながら、喜んでいただけるお礼状を
作成できるよう精一杯頑張っていきます!!!!







2019年9月9日月曜日

初めてのブログです!

初めてブログを担当させて頂きます、OPのN山です!
入社してからはやいもので、もう四ヶ月半ほど経ちました。
まだまだ先輩方の足下にも及ばず、亀のように遅い歩みではありますが
昨日より今日、今日より明日と少しずつ出来ることを増やしていく日々です。
今回はそんなわたしの日々の癒やしを紹介したいと思います。

それは三匹の愛猫たち…!
(本当はここで写真を載せたかったのですが技術不足で載せられず…)
三毛の二匹は姉妹ねこで、一緒に暮らすようになって五年の仲になります。
後輩の白ねこは一昨年うちにやってきた子で、まだまだやんちゃな女の子です。
家に帰れば走って出迎え、なでて~とすり寄ってくる三匹は何よりの癒やしになっています。
これからも、もふもふパワーで元気を補填しながら日々精進していきたいと思います!

(次の更新がまわってくるまでに、写真の載せ方を習得しておきます!)


2019年9月5日木曜日

結婚式

私事ではございますが、先日姉が結婚式を挙げました。

桜島が目の前に見える式場で、青い空と海、そして大きな桜島!
という最高のロケーションに惹かれて予約したらしいのですが、
当日朝は生憎の雨。
「少しだけでも晴れて欲しい」という願いが伝わったのか
昼過ぎには雨が上がり、夕方の式直前には晴れ間が見えていました。

天気にも祝われ、結婚式が開始。
父は少々ぽっちゃり気味な人でして、姉に
「痩せないなら一緒にバージンロード歩かない」とまで言われたため
この日のためにダイエットを頑張っていました。
その努力はあまり見た目にも数字にも反映されませんでしたが、
姉の温情措置によって一緒に歩く許可がおりました。
我が家は三人姉妹で、父にとっては初の娘の結婚式。
バージンロードを歩きながら、瞳はうるうるしていて
(一緒に歩けて良かったねえ~…)と思った次第です。

ちなみに神父さんがものすごくノリの良い方で、
式は厳かというよりも賑やかな雰囲気でした。

結婚式と披露宴を通して感じていたのは
(うちの姉って本当に可愛いな)ということ。
身内びいきで恐縮ではありますが、
本当に綺麗でした。
お色直しで退席する際、サプライズで
私と真ん中の姉がエスコート役として呼ばれ、
久しぶりに姉妹三人で並んだ時には
また父の涙腺が緩み…
その時にとった写真は携帯の待ち受けにするようです。笑

友人の結婚式に行くのとはまた違い、
家族の結婚式もとても素敵なものでした。
「家族っていいな」と改めて思いました。
振り袖の帯が苦しくて、
美味しそうな料理を食べられなかったことが唯一の心残りです。



OP S元

2019年9月2日月曜日

カウンター席の魅力。


そういえば私、あまりカウンター席で
食べたことがなかったように思います。

そもそもひとりで外に
食べに行くのも少ないんですが
複数人で行くとなんだか
真ん中の人が居心地悪いし
端の人がしゃべりづらいし…。
と避けていました。

でも先日行ったお店では
お盆だったこともあり
長蛇の列ができていて、
わがままを言って待っている状況でも
ありませんでした。
だから案内されたカウンター席に
家族で向かいました。

店内のカウンター席の作りを簡単にいえば
カタカナのコの字の中に
リーダーみたいな人が1人いて
そのまわりにお客さんが座っている感じです。
で、コの字のあいた部分に暖簾があって
その奥で料理を作っている人がいるんですけど
このコの字の厨房周辺、とにかくすごいんです。
人と料理で溢れていますから、てんやわんや。
でも誰も料理を落とさないんです。
お客の私は飽きることなく、ただひたすら
目で追っていました。
ホールスタッフがオーダー表を持ってきては
リーダーみたいな人が
「峠鍋ひとつ~、カレーふたつ~、
卵焼きふたつ~」と大きな声で
読み上げて、それに続いて
暖簾奥にいる料理人たちが
声を合わせて復唱するんですけど、
これをすごく近くで聞くと、なんか楽しくて。
スタッフの一員に混じっていきなり
お客の私達も復唱したくなるような
雰囲気なんです。

その威勢のよい声を聞きつつ、
セルフサービスの漬物に箸をのばしている間に
私の大好物「冷やしゴマだれうどん」は
やってきました。
あーやっぱり美味しい、
一気に口に入れて、あっという間に完食。

そして、満腹になった私は思いました。
そういえば「お時間いただきます」って、
何回も店員さんに言われたけど
そんなに長かったかな?と。
もしかしたら、カウンター席でただひたむきに
働く従業員の様子を見ていたから
短く感じたのかも、と。

今後もカウンター席での
人間観察 楽しみたいと思います。

サポート H


2019年8月28日水曜日

また会えて良かった茶トラ先輩


近所の猫ちゃんのことです。

茶トラ先輩(と勝手に呼んでいる)
会うにはちょっと遠回りが必要ですが、
行けばかなりの確率でそこにいて
寝っ転がっているにゃんこです。


外出する際 時々寄り道をして癒しをもらっていました。
ですが2ヶ月程前 いきなりパタッと姿を消してしまったのです。
そして茶トラ先輩のいつもの定位置には新顔のまだら君が、、、

これでぴんとくる方もいるのではないでしょうか。
雄猫の世界、縄張り争いは厳しいのです。


ちなみに昔飼っていた実家の猫ちゃん()
2年程 姿を消していた時がありましたが、
ちゃんと帰ってきました。
実家から連絡があった時の写真がこちら。


この子はただの迷子娘です。()


(閑話休題)


会えない日が続きましたが、
先日遠回りすると久しぶりに
定位置にいらっしゃった茶トラ先輩。
君たちも大変だなあ、、、()
しみじみ感じるこの頃です。



もっと会いに行けば良かったと
会えなくなってから後悔するよりは__
これからも可能な限り
寄り道しておさわりさせて頂きます。



隠れ猫好きT

2019年8月26日月曜日

私のサマーナイト

鹿児島の夏の風物詩といえば、サマーナイト花火大会!
10万人が集う一大イベントが今年も8月24日に開催されました。
若い頃は「暑いし人混みが嫌だわ」なんて言っていた私も、
歳をとるにつれて滅多にお目にかかれないものは、
まあ見ておきたいと思うようになり、近年欠かさず見るように
なりました。最初の頃は花火の会場から多少離れても、
人の少ないスポットを探すことに尽力。でも、花火の魅力に
とりつかれてからは、やっぱり近くで見たいと会場まで足を
運ぶように。
どうしたらより堪能できるかしらと、錦江湾をひと巡りする
フェリーに乗船した年もありました。船で食事をして甲板から
見る花火も乙なものでしたが、やはりもっと近づきたい…。
人混みもやむなし、それもまた一興とぎゅうぎゅう詰めの中で
立ち見をしたこともありました。

しかーし、花火はもちろんだけど、それ以外も楽しみたいと
欲望はふくらみました。
そんなこんなで私にとっては、ゆっくりとビールを飲みながら
見る花火が一番!という結論に至りました。
台風の影響で悪天候が続き、1週間前からハラハラしていた今年。
日中の大雨が噓のようにあがって、優しい風が暑さを感じさせない
気持ちのよい夕刻。天気に気をとられるあまりノープランだった
ので、とりあえず中央駅からシャトルバスを使って会場に行き、
降りてすぐのところに陣取りました。会場のはじっこです。
これがなんと大成功。皆が間隔をあけて座っているので視界は良好。
薄暗いので花火がより輝いてみえるよう。
屋台の鶏皮餃子とスパイスが効いたソーセージ、オムそば、
スーパードライをいただきながら、素晴らしいひとときを過ごしました。
アナウンサーさんの音頭に合わせてカウントダウン。
曲に乗って彩りをかえる花火は感動的。一面に金色の光がきらめく様に
胸がいっぱいになりました。

今年の夏も終わる。本降りになった雨の中、ぞろぞろと移動する人波に
混じって歩きながら、素敵な花火大会を運営してくださった方々に、
花火師さんに、屋台のおじちゃんにに「ありがとう」と感謝しました。
そして、どうか来年も家族や友達、大切な人とサマーナイトを
楽しめますように…そう願いながら帰途につきました。

サポートK